出会い系案内所

出会い系を利用し続けていると、必ず一度は出会える機会があるはずです。
出会い系は、出会える機会はぶっちゃけそんなに多くないので、少ないチャンスをものにしなければなりません。

少ないチャンスをものにするためにはどうしたらいいか?それは、しっかりとマナーをわきまえ、自分が紳士にならなければいけません。
そのためには一体どうしたらいいのか説明していきます。

初めに、一番大切なマナーとして、自分の身だしなみをしっかりと整えるということが大切になってきます。
人間の第一印象というのは、中身ではなく、外見で決まります。

いくら中身が最高の人でも、外見がある程度伴っていなければ、どうしようもありません。
誰にでも好かれるような格好を心がけるようにしましょう。

因みに、自分なりにかっこいいと思う服装を心がけるのではなく、ある程度シンプルに着飾るといいでしょう。
派手になればなるほど、そのファッションが好きな人と、嫌いな人の差が激しくなったりします。
どうしても完璧に着飾っていきたいならば、事前に、どういったファッションが好みなのか聞いておくといいかもしれません。

また、喋り方にも気を配りましょう。第一印象が良かったとしても、言葉遣いが汚かったりすると、そこでアウトです。
特に気をつけて欲しいのは、自分の周りの人しか使わないような略語の使用は控えましょう。

例えば、インターネット上でよく使われている「ワロスw」とか「うはwおkw」など、そういった言葉を使われた日には、「この人ちょっとオカシイ…」と思われてしまいかねません。
そういったことを回避するためにも、言葉遣いには人一倍気を使いましょう。

初めて会う人には、女性も男性も、ちゃんとマナーを気にしつつ、対応するようにしましょう。
丁寧な対応を心がけていると、確実に相手に好印象を与えることが出来ますので、お勧めです。

出会い系では、男性から女性へとアプローチするというのが普通の形態です。
女性はプロフィールさえ書いておけば、ほとんど何もしなくても自動的に男性からのメールがバンバン届きます。
そして、そのなかから気になる人を選ぶ、ということになります。

逆に男性は、気になる女性を見つけたら、必死こいて「読んでもらうメール」をしたためて送らねばなりません。
上に記したように、女性はほとんど常に「選ぶ立場」にいますから、その女性の眼にとまらねば、出会いのチャンスはありません。
女性にメールを読んでもらい、プロフィールに導き、返事を書こうと思わせることでやっとスタートラインに立てるのです。

ここでのポイントは、どうやったら相手が読んでくれるようなメールを書けるのかということですね。
そうしたポイントはいくつか考えることができますが、最も実践しやすいのは「相手のプロフィールの内容をメールに反映させる」ということです。
どういうことか。

もしも気になった相手のプロフィールに「音楽が好き」と書いてあれば、メールしたときに「どんな音楽が好きなんですか?」と聞いてみたりすることです。これだけでメールの印象はずいぶん違います。

自己紹介などの最低限のことだけしか書かれていないメールは、まず読まれません。
こうしたポイントを押さえることが、出会いへの第一歩なのです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中